施設紹介

集い、学び、語らう青春のアルカディア

 出雲平野の北東、西林木。北山山系を望む自然環境豊かな田園風景の中に、出雲北陵高等学校は位置します。 1984年に移転、新築された校舎は、周辺の緑に包まれるように、高さ31メートルのシンボルタワーを中心に、のびやかに広がります。約200種、4000本の樹木が配された校地には、彫刻や絵画などの芸術作品が随所に散りばめられ、美しい中央テラスやパーゴラなどの生徒の憩いの場ともあいまって、学問と思索の香り高い学び舎となっています。より良い環境の中、明るくいきいきした学園生活を過ごしてもらいたい。

集い、学び、語らうという学園の理想が、ここにあります。

施設紹介

 

施設紹介