イズモコバイモ

いずもこばいも(出雲小貝母)


春の訪れを告げる早春の花「イズモコバイモ」は、白く可憐な釣鐘状の花を1本の茎に1個咲かせる。約130種に及ぶ貴重な植物が存在する本校の「彩紫花苑」で育成されているオツタチカンギク、オオメノマンネングサ等と並ぶ貴重な植物の一つである。