平成30年度 山陰ソフトテニス選手権大会

準優勝   今岡 純也(2-4河南) ・ 日野坪 雄大(2-3出雲一)

B16   安田 稜(1-5大社) ・ 杉本 啓佑(1-5羽須美)

      吉岡 丈瑠(2-4出雲一) ・ 白築 椋真(1-5河南)

      福島 悠馬(2-2斐川東) ・ 落合 宵汰(2-3大社)

 

  決勝  今岡 ・ 日野坪  3 - 4  松江工業ペア

 

 山陰

 

島根県ソフトテニス選手権(全日本選手権大会代表選考会) 第3位

中学生、高校生、一般が参加し、全日本選手権の予選が行われた。上位2組が10月に熊本で開催される

天皇杯への出場権を獲得できる大会であった。本校からは県総体の結果4ペアが出場した。そのうち、

今岡、日野坪ペア、安田、杉本ペアがベスト16に入り、今岡、日野坪ペアはその後も一般の国体選手を

倒すなど奮闘し、準決勝まで駒を進めた。全国をかけた準決勝は本校のOBで島根県の国体選手でもある

ペアとの試合となった。G4-3とリードする場面もあったが、結果G4-5での敗戦となった。

最後の詰めの部分に課題を残したが、インターハイに向けてやるべきことが見えたと思う。

 

天皇杯予選