出雲北陵高校
小学生の皆さんへ
中学生の皆さんへ
保護者の皆さんへ
卒業生の皆さんへ
北陵高等学校
学校総合案内
北陵中学
北陵幼稚園
創立105周年事業
入試情報
美しい緑の学園

今月の花

 出雲北陵中学・高等学校の敷地には約200種、4000本を越える樹木が配されています。




伊吹麝香草は伊吹山に多く全体によい香がある。ブナ帯から高山帯まで広く分布する。
立久恵や石見以西、長門峡あたりのヒメバライチゴはほとんど無毛無刺の物が多い。
徳川家の葵の紋は、この植物の葉3枚を図案化したものである。本種は1株に必ず対生状に接近して互生する2枚の葉を持つので双葉葵と呼ばれる。
関西以西、四国にあり、タガネソウと似ているが、冬、花は枯れず根茎は木質化し、小穂が球形で先に短い雄花部があるところがタガネソウと異なる。笹の葉スゲの意味。
葉が披針形なので他のスゲ属とは簡単に区別される。
たいへん壮大なフキである・茎のように見える葉柄が高さ2mを超える。
羅生門蔓で昔、渡辺綱が羅生門で切り落とした鬼女の腕をこの花の花冠に連想したものだという。山の木陰に生える多年草。
日当たりの良い山地に生える多年草。
日本中部高山のミヤマオダマキを栽培花卉としたオダマキとヤマオダマキ間の自然雑種と思われるものがダイセンオダマキである。
セイヨウスズラン(別名ドイツスズラン)の園芸品種と考えられる。
北アメリカ東部原産で日本へは大正中期に渡来し関東を中心に野生化し野原や道ばたに生える多年草。
水気のある木陰に生える多年草。