出雲北陵高校
小学生の皆さんへ
中学生の皆さんへ
保護者の皆さんへ
卒業生の皆さんへ
北陵高等学校
学校総合案内
北陵中学
北陵幼稚園
創立105周年事業
入試情報
美しい緑の学園

彩紫花苑

出雲北陵高校と彩紫花苑

特別講師 水谷 千枝子

 平成元年、本校の80周年記念の行事の一環として丸山巌氏の御好意により横田町の彩紫花苑から約130種類の貴重な植物を本校に移植しました。丸山巌氏は県でも屈指の植物学者であります。1975年頃には横田町の彩紫花苑には氏が各地から採集された約1,500種類の貴重な植物があったようです。 本校の創立者水谷キワの三女に当たる絢子氏が丸山巌夫人であるということから本校で彩紫花苑分苑を作ることになりました。今ではお二人とも故人となられました。

 横田町の彩紫花苑の植物の維持管理には絢子夫人の内助の功も大きかったようです。 夫人の死去と丸山氏の臥床によって植物も自然に消滅するようになりました。そのような時、本校への移植の話があり、貴重で学術的に意義のある植物を本校に移植することになりました。
 横田町のような気温の比較的低い場所で育った植物を本校で育てるのには、それに似た環境を作らなければなりません。校門の南側に日蔭を作るために多くの木を植樹し、西側には防風ネットもつくり環境を整へ移植した植物を育成し、これを彩紫花苑分苑としました。現在ではオッタチカンギク、イズモコバイ等丸山氏が発見、命名した植物や、この分苑には、今はほとんどなくなったような貴重な植物も含めて約130種類育っています。維持管理には本校の生徒や彩紫花苑管理委員会の教職員が当たり、夏休み中の灌水には全教員の協力もあり無事に育っています。

 この度、この彩紫花苑の植物の小冊子を95周年記念の一環として発行するものとしました。平成元年には彩紫花苑のリストを作り、平成6年には写真入りのものとなりました。今回は3回目になります。今回は丸山巌氏の長男に当たる丸山卓氏に丸山夫妻が発見し、命名した植物で、本校に育っているものについての執筆をお願いしました。また「本校特有の植物」として貴重な植物もリストアップして私が説明を加えました。また樹木編では錦織俊二先生にお願いしてまとめていただきました。植物リストのぺ−ジは本校の彩紫花苑管理委員会の先生方の協力で完成しました。この小冊子を作成するに当たり、多くの方の協力を得ましたことを末筆になりましたが心から感謝いたします。

 
 
 
 
季節ごとの花の紹介です。
参考文献の一覧です。
彩紫花苑の植物目録一覧