校章

 桜の花びらに代わる新しい校章は、「謙虚さ」と「感謝の念」を象徴した稲穂をデザインしたものである。「実るほど、頭を垂るる稲穂かな」実れば実るほど頭が垂れてくる稲穂のように、徳を積んだ人、知識や知恵のある人ほど謙虚になるものである。
 また私たちが現在生かされていることへの感謝を、主食である米(稲)を通して表したものであり、さらにまた先祖伝来の美田を青少年の教育のために提供してくださった地権者の方々に対する感謝の念をも表している。

校章

 

校歌

準備中