12日、大会2日目。6:30起床でしたが、1時間も早く起きている生徒が多かったです。7:00から朝の集いです。昨夜のうちに雨が降っていたようで芝生が濡れていましたが、雨が降っていなかったので、グラウンドでラジオ体操をしました。7:30から退所点検を受け、その後朝食。9:00から班別会議になります。

班別会議 インターアクトクラブ6校から司会と記録を選出し、各校の顧問の先生が指導助言、ロータリークラブの方がアドバイザーに入ります。1つの班に生徒が12~13名ずつ、6班で班別会議がスタートしました。

 議題は、昨日の宍道湖自然館ゴビウスの見学とそば庄たまきの蕎麦打ち体験の感想、フィリピン研修報告の感想、各校の活動報告などの情報・意見交換でした。今回は「これからのインターアクトクラブのあり方」というテーマを設け、各班ともに様々な意見交換をしました。約1時間の会議ではありましたが、とても実りあるものになりました(写真左はD班で意見する多久和さん(右))。

 10:20から全体会議に入ります。2日目の司会進行は2年生の矢野愛乃さん。まず、RI2690地区インターアクト委員会の永島弘明出雲西高校長先生による「定款学習」です。20分ほどでしたが、インターアクトクラブとロータリークラブの関係やインターアクトクラブの活動について、わかりやすく解説してくださいました。続いて班別会議の報告になります。6班とも丁寧にまとめてあり、いい報告会となりました。

全体写真 閉会式は10分早い11:10から行いました。開会式と同じく、滞りないスムーズな流れでした。11:25に閉会式が終了し、2日間にわたる指導者講習会が幕を閉じました。

 3階の食堂で昼食をとり、随時解散となります。インターアクトクラブ全員で見送りをし、みなさんが帰路に着きます。その後、片付け・点検をし、解散したのは13:30でした。

 指導者講習会は6年に1度という短いスパンでホスト校が回ってきます。今回も生徒たちはとてもいい経験になったと思います。今後の活動に活かせることを期待しています(写真上は玄関前の看板で記念撮影)。