スポGOMI全国大会-1 9月23日(月:秋分の日)に東京都墨田区で「スポGOMI甲子園 全国大会」があり、インターアクトクラブ2年生の春日くん、篠原くん、永瀬さんの3名が出場しました。

 夏休みだった8月17日(土)に、出雲市大社町の稲佐の浜で行われた「スポGOMI甲子園 島根県大会」で、参加10チームの中で見事優勝し、全国大会出場を手にしました。

 前日の9月22日(日)に東京入り。ちょうど台風17号が猛威を振るう中での移動だったので、大会そのものが中止になる可能性があると言われていました。

スポGOMI全国大会-2 9月23日(月:秋分の日)の大会当日は曇天の空模様。今にも雨が降りそうな状況で開会式が行われました。午前10時に大会スタート。徐々に天気が良くなり、日差しもある状態になってきました。激戦の舞台はというと、予想が大きく外れ(東京での開催なので「お台場の海岸」とか「オリンピック・パラリンピックの競技会場近く」と思ってましたが……)て、墨田区役所周辺の “まちなか” でゴミを拾うことになりました(写真上はゴミを拾う春日くん(右)と篠原くん(中央)と永瀬さん(左))。

 結果はというと……参加25チーム中19位。全国制覇は難しいなぁ(当たり前か)。参加した3人が言うには「都会(まちなか)はどこにゴミが落ちてるかわからない」そうです。つまり案外きれいにされているのですね。県大会の時よりはかなり苦戦したようです(写真左はゴミを拾い終えての一枚)。

 インターアクトクラブが全国大会に出場するなんて考えてもみませんでした。何でも競技になり得る世の中になった感じがして、感心してしまいました。大会に出場した3人はいい経験になったと思います。